【暗殺教室】烏間惟臣の過去が悲惨!イリーナとの関係や弱点まとめ

暗殺教室 烏間惟臣

 

暗殺教室に出てくる烏間惟臣(からすまただおみ)は、体育教師でありながらE組の表向きの担任です。

 

防衛省特務部から、殺せんせーを監視するために派遣され、並外れた戦闘能力は作中で殺せんせーの次に位置しています。

 

そんな烏間惟臣ですが、悲しい過去を経験しているのをご存知ですか?

 

ここでは、烏間惟臣の悲しい過去や衝撃的な弱点、イリーナとの関係について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.烏間惟臣が経験した悲しい過去とは?

 

暗殺教室 烏間惟臣

 

烏間惟臣は、「妹を精神・肉体が弱かったために早く亡くした」という悲しい過去を経験しています。

 

スポンサーリンク

 

とても悔しい思いをしており、この時に経験した苦痛が今の烏間惟臣を形成しているんですね。

 

どんな弱者も救え、対等に接する公正さを烏間惟臣が身につけるキッカケになりました。

 

 

2.烏間惟臣に見られる意外な性格

 

暗殺教室 烏間惟臣

 

烏間惟臣は、以下に挙げるような性格をしています。

 

  • 真面目
  • 堅物
  • 不愛想
  • 優しい
  • 自己犠牲的

 

E組の生徒から、「堅物」とあだ名が付けられるほどかなり真面目。

 

不愛想ですが受け持った生徒について、誰よりも真剣に面倒を見るなど優しい一面もあります。

 

不器用な彼ですが、生徒からは慕われているんですね。

 

 

3.烏間惟臣が持っている驚きの弱点

 

暗殺教室 烏間惟臣

 

戦闘能力はズバ抜けており、生徒に寄り添う姿勢を見せるなど完璧な人間と言っても過言ではない烏間惟臣。

 

ところが、彼には驚きの弱点があると判明したので以下から紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

烏間惟臣の弱点は、「致命的なまでの鈍感さ」です。

 

イリーナや倉橋から好意を抱かれていますが、本人はその点を全く気付いていません。

 

この鈍感さは、思わぬ災いの種となってしまうこともあります。

 

烏間惟臣を見ていると、完璧な人間はいない事を再認識できますね。

 

 

4.烏間惟臣が迎えた未来が衝撃的だった…

 

暗殺教室 烏間惟臣

 

烏間惟臣の7年後は、イリーナと結婚し娘も誕生していると判明しました。

 

この娘はかなりの美人らしく、幼稚園で逆ハーレムを築いているとのこと。

 

また烏間惟臣は、防衛相の室長にまで出世しています。

 

 

まとめ

 

暗殺教室 烏間惟臣

 

烏間惟臣は、戦闘能力は極めて高く、素晴らしい性格をしていますが超が付く鈍感です。

 

7年後にイリーナと結婚し、子供も誕生しているだけでなく防衛相の室長にまで出世していました。

 

暗殺教室に続編があれば、間違いなく登場すると予想されるので期待したいですね。

ページの先頭へ戻る