【暗殺教室】死神の正体がヤバイ!悲惨な過去や目的、性格まとめ

暗殺教室 死神

 

暗殺教室に登場する「死神」は、殺しのテクニックがとても高く人間を超えた技術を持っています。

 

当初は死神が誰を指しているのか、詳しい事が何も分かっておらず読者の間で話題になっていました。

 

そんな死神ですが、正体が意外だったのをご存知ですか?

 

ここでは、死神の意外な正体や驚きの目的、悲惨な過去について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.死神の意外な正体とは?

 

暗殺教室 死神

 

暗殺教室において、死神が一体誰なのか詳しい事は何も分かっていませんでした。

 

しかし、物語が進むにつれて死神の正体が判明したので、以下からネタバレしていきます。

 

スポンサーリンク

 

死神とのあだ名を付けられた者は2人おり、1人は殺せんせー、もう1人は殺せんせーの弟子です。

 

弟子は2代目死神として活動し、その能力は殺せんせーですら苦戦を強いられるほどでした。

 

 

2.死神が経験した悲惨な過去

 

暗殺教室 死神

 

死神は、「目の前で殺せんせーに父親を殺される」という悲惨な過去を経験しています。

 

2代目死神は非常に裕福な家庭で育ちましたが、幸せとは程遠い生活を送っていました。

 

スポンサーリンク

 

殺せんせーが見せた暗殺技術の高さは、死神の心を大きく動かします。

 

この経験がキッカケで、殺せんせーの弟子になる事を決意しました。

 

死神にとって悲惨な過去ですが、人生が大きく変わったキッカケでもあります。

 

 

3.死神に見られる個性的な性格

 

暗殺教室 死神

 

死神は、どんな性格をしているのでしょうか?

 

  • 冷静沈着
  • 冷酷
  • 活動的
  • 執着心が強い

 

彼の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。

 

冷静沈着で暗殺に必要なスキルは、全て備わっているんですね。

 

冷酷な性格は彼の行動の基盤になっており、恐ろしさが伝わってきます。

 

 

4.死神が殺せんせーに失望した理由

 

暗殺教室 死神

 

死神は殺せんせーを師匠として尊敬し、その教えを学びました。

 

力を付けるうちに、2代目死神は「何とかして殺せんせーに1人前になった自分を見て欲しい」と思い始めます。

 

スポンサーリンク

 

師匠から認められたい一心で、行動を起こしますが、殺せんせーは死神を「道具」としか見ていません。

 

それに気づいた死神は殺せんせーに失望し、彼を裏切り「死神」の名前を奪ったのです。

 

殺せんせーの本心に気付き、自分に注目してくれる人は誰もいないと悟ったとき、死神の心は失望感で満ちていきました。

 

 

5.死神が迎えた壮絶な最期

 

暗殺教室 死神

 

死神は、殺せんせーを暗殺するようにと命じられ行動に出ました。

 

殺せんせーと同じく超生物に変貌し、彼を追い詰めていきます。

 

ところが、本気を出した殺せんせーの一撃で瀕死の重傷を負った死神。

 

死神は殺せんせーに、「あんたに認めてほしかった。あんたになりたかった」と思いをぶつけます。

 

殺せんせーも、「今なら君の気持ちが分かる。あの世で会えたら勉強しよう」と返しました。

 

こうして壮絶な師弟対決は終わりとなり、死神は死んだのです。

 

 

まとめ

 

暗殺教室 死神

 

死神は殺せんせーに父親を殺されるという、悲惨な過去を経験していました。

 

師匠である殺せんせーに、認められたい一心で行動してきた死神。

 

その思いを死ぬ間際に殺せんせーにぶつけるシーンは、多くの読者を感動させました。

 

再登場は絶望的ですが、これからどんな活躍をするのか注目が集まっています。

ページの先頭へ戻る