【暗殺教室】堀部イトナの過去が壮絶だった!驚きの正体や今後の予想

暗殺教室 イトナ

 

暗殺教室に登場する堀部イトナは、転入生としてE組の生徒になった一人であり高い能力を持っています。

 

プライドがとても高く、自身の戦闘能力に固執していますが後にその点は改められました。

 

そんなイトナですが、壮絶な過去を経験しているのをご存知ですか?

 

ここでは、イトナが経験した壮絶な過去や驚きの正体、今後の予想について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.イトナの衝撃的な正体とは?

 

暗殺教室 イトナ

 

イトナはE組に転入してきた生徒ですが、ただの人間ではありません。

 

殺せんせーと同じ触手を持った生物兵器として、律と同時期に開発されました。

 

スポンサーリンク

 

超生物という正体が判明し、殺せんせーに深手を負わすほどの力を持っていることも判明。

 

衝撃的な正体に、読者の間では大きな話題になりました。

 

 

2.イトナが経験した壮絶な過去

 

暗殺教室 イトナ

 

イトナは「子どもの頃にいじめを受けていた」という、壮絶な過去を経験しています。

 

彼の実家はスマホの部品を製造する町工場で、その技術力は世界と渡り合うほどのものでした。

 

スポンサーリンク

 

ところが、海外企業に従業員が買収され技術を盗まれてしまいます。

 

業績は一気に悪化して倒産し、両親は夜逃げしその関係でいじめを受けるようになったのです。

 

その後シロに拾われ触手細胞を植え込まれ、暗殺者になったという経緯を持っています。

 

 

3.イトナに見られる個性的な性格

 

暗殺教室 イトナ

 

イトナは、どんな性格をしているのでしょうか?

 

  • 暴力的
  • プライドが高い
  • 自分勝手
  • 粗暴
  • 優しい
  • 協調性が高い

 

彼の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。

 

イトナは転入した当初、壁を破壊して教室に入るなど暴力的な一面が強調されていました。

 

プライドがとても高く粗暴でしたが、改心した後は優しい本来のイトナが出ています。

 

また協調性も高く、E組の面々と仲良くなりました。

 

 

4.イトナに待ち受ける今後の予想が感動的だった…

 

暗殺教室 イトナ

 

イトナは高校卒業後、実家の工場へと戻り父親と共に日夜試作品の製作をしています。

 

自営業に必要な知識や資格を所得し、父の稼業を引き継ぐ本格的な取り組みが開始されているんですね。

 

スポンサーリンク

 

ファンの予想によると、「イトナは事業が成功し会社を大きくする」という感動的な展開になるとのこと。

 

両親との確執も解消され、家族で力を合わせて工場を大きくするというのは、イトナにとって長年の夢だったのでしょう。

 

とても感動的な未来に、多くのファンは興奮を覚えています。

 

 

まとめ

 

暗殺教室 イトナ

 

イトナはただの人間ではなく、シロに触手細胞を移植された超生物だと判明しました。

 

戦闘能力が高く殺せんせーに深手を負わすほどですが、実力を過信する傾向があり敗北後は心を改めています。

 

暗殺教室の続編が製作されるなら、間違いなく登場するキャラクターになるので、注目していきたいですね。

ページの先頭へ戻る