【暗殺教室】鷹岡明の正体がヤバイ!人気の理由や結末、性格まとめ

暗殺教室 鷹岡

 

暗殺教室に登場する鷹岡明(たかおかあきら)は、烏間の補佐として中学校に赴任してきた経緯を持ちます。

 

人材育成能力に秀でているものの、同期である烏間との差は歴然としたものでプライドを傷つけられていたんですね。

 

そんな鷹岡ですが、正体が驚きなのをご存知ですか?

 

ここでは、鷹岡の驚きの正体や人気の理由、迎えた壮絶な結末について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.鷹岡が秘密にしていた驚きの正体とは?

 

暗殺教室 鷹岡

 

鷹岡は学校の教師ではなく、防衛相臨時特務部に所属しています。

 

烏間とは空挺部隊時代の同期ですが、実績面では大きく差を付けられており劣等感を感じていました。

 

スポンサーリンク

 

そのためE組の人材を育成する点で、烏間を出し抜き司令官としての立場を奪おうと画策していたのです。

 

自身のプライドを守るため、烏間を蹴落とすためだけに行動しています。

 

 

2.鷹岡に見られるヤバい性格

 

暗殺教室 鷹岡

 

鷹岡は、どんな性格をしているのでしょうか?

 

  • 温厚
  • 穏やか
  • 優しい
  • 暴力的
  • 粗暴
  • キレると怖い

 

彼の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。

 

鷹岡は当初、とても優しく温厚で穏やかな性格が見られていました。

 

スポンサーリンク

 

しかしこれは表の顔で、裏の顔はとても暴力的で粗暴です。

 

ギャップがあまりにもヒドいので、読者の間でも話題を集めました。

 

 

3.鷹岡とE組との関係が衝撃的だった…

 

暗殺教室 鷹岡

 

鷹岡は人材育成の能力が高く、防衛省からも高く評価されていました。

 

しかし育成方法は「ムチ9割、アメ1割」という極端なもの。

 

E組の生徒に対しても、10時間を超える特訓を課し、反抗的な態度をする者に容赦ない鉄拳を食らわせます。

 

当初は良好な関係を築いていたものの、鷹岡とE組は険悪な状態になりました。

 

虐待同然の体罰を下したことが問題になり、鷹岡は理事長から直接クビを言い渡されてしまいます。

 

 

4.鷹岡が迎えた壮絶な結末

 

暗殺教室 鷹岡

 

鷹岡は理事長から直接クビを言い渡され、E組を去ることになりました。

 

防衛省に出戻りになりましたが、失敗した事で評価はガタ落ちし精神的に深刻なダメージを受けます。

 

スポンサーリンク

 

すべて烏間のせいと考え、復讐心に燃えE組の生徒を人質に取ったのです。

 

結果的に渚の攻撃により、スタンガンで気絶させられ防衛省によって逮捕・連行されました。

 

国民を守るはずの立場にいる人物が、生命の危機へと晒すというあってはならない事をしでかした鷹岡。

 

死刑を言い渡されても良い状況ですが、世間には公表されないまま極秘裏に釈放された模様。

 

なんとも壮絶な結末を、鷹岡は迎えました。

 

 

5.鷹岡が読者から人気が高い驚きの理由

 

暗殺教室 鷹岡

 

鷹岡はアニメ1期ではラスボス的な立ち位置におり、その強烈なインパクトに読者は驚きを覚えました。

 

善良ぶっている人ほど、実は心の中は悪に染まっている典型的な人物です。

 

その分かりやすい設定が理由で、鷹岡は読者から人気が高いと言われています。

 

自分のプライドや名声だけしか考えず、そのためなら多少の犠牲が出ても構わない。

 

とても分かりやすい悪役設定のため、人気があるのです。

 

 

まとめ

 

暗殺教室 鷹岡

 

鷹岡は烏間の補佐としてE組に赴任し、当初は温厚な態度で生徒に接していました。

 

しかしその後に、生徒を人質に取る悪質な行為をし、逮捕されたのです。

 

極秘裏に釈放されてからも、烏間に恨みを覚えているようなので、今後どんな行動を取るのか楽しみですね。

ページの先頭へ戻る